ご来訪頂きどうも有難うございます。
先ずは、レオンが我が家の一員となった生後2か月頃からを写真で紹介しますね。
レオンの成長 自己紹介
 ※レオンも初代ボルゾイのアーサー同様、6~7か月でとんでもない大きさに! でも、
      不思議とかわいい!
    我が家の愛犬ボルゾイのレオンとアーサー、たびたび登場しますので、よろしく~。

【音楽の鑑賞のために目指す音づくり・・・映画(映像)から学ぶこと】
さて、前回『自分の目指した音づくり①』では、可聴域外・・・特に高音域の再生がその音楽
の鑑賞に、果たして本当に重要な要素なのか・・・などと、自分の聴覚の悪さを棚に上げて、
皮肉交じりにお話ししてしまいました。今のところ、私の主張を撤回するつもりはありませ
んが、映画に関しての自分の考え方が180度変わったこともあり、将来も(私が健在なら)
考え方が変わらないという自信はありません。(^-^)
 
【スペルタクル・・・人間が小さく見える圧倒的なスケール感!・・・ダイナミックレンジ拡大】
映画に関するその考え方とは・・・・CGなどデジタル技術を使った映像の加工など予想も
しなかった昔のことです。SFの特撮や史劇などの大作に見られるスケール感も、目の錯覚
の利用を含めて、映像技術の集大成が映画だと思っていた頃に遡ります。 
風と共に去りぬ 十戒ベン・ハースパルタカスクレオパトラアラビアのロレンス
・・・。どれもスペクタクル映画の代表作かと思いますが、これらの中には広大な背景に数
えきれないほど大勢の人たちが映るシーンもあります。若い人たちの中にも観たことがある
方は多いかと思います。
●crowd scene H650
これらのシーンのいくつかにはマットペイント等での光学技術を使った合成もありますが、
大画面を埋め尽くす群衆や兵士が登場する場面では、私はスクリーンの両端にも注意を払う
ことになります。しかし、カメラのパンで突然かつ不自然に群衆が途切れるのを見たことが
ありません。 これが画面の外側にも人がいる!いる筈だ・・・映らなくて気の毒だけど
『エキストラ』が配置されているように思わせるのです。実際には製作費の都合もあり画面
の外は徐々にまばらな配置になったかと推測しますが、映らないエキストラが100名なのか
1000名なのかはともかく、彼らの演技や動きが、実際に画面に登場する周りのエキストラに
も影響を与えた筈だと思います。 これはクローズアップでの演技で相手が映っていなくても、
その視線の先には相手となる人物(俳優とは限りません)がいました。一人芝居・・・これも
あるでしょうが、よりリアルな感じを出すために必要な演出かと思います。
ドラマでもスペクタクルでもこういった手法で、一層インパクトのあるリアル感を醸成して
来たのではないでしょうか。

これらの画像はシネマ速報、Gigacine他からお借りしました。(掲載に支障があるようでしたら、
管理者経由でお知らせ下さい。直ちに善処します。その他の画像も説明のため是非とも必要な画像ですので・・・。)

マットペイント vs CG の例
CGを駆使した特撮・・・そうと分かっていても驚嘆!】
    ・・・・ 映画(映像)に対する考え方が変わった!・・・・

私の映画 (映像) への考え方を変えたこととは、デジタル技術を本格的に駆使したCGを組み
入れた多くの映画が登場して来たことです。
アビスターミネーターの2作目、そうそう恐竜が暴れるジュラシックパーク、それにタイ
タニック
、後年のスターウォーズもそうでしたね。観客の多くは、CGを全編に使った映画、
しかもメイキング映像を見た後でも、それらの映画を十分に楽しむことができます。 崖や
ビルから主人公が落下するシーンでは、昔の映画ならスタントマンも命がけで大変!なんて
思ったりしましたが、今は余程のことがない限りCGなので安心して見ることが出来ます。
また、一方では、主人公は不死身か!と、映像のリアルさも行き過ぎると、私にはかえって
不自然に感じられますが・・・。
とは言え、大観衆のシーンが、着色した綿棒を無数に並べてコンピュータ処理した映像だと
知っていても、そのスペクタクルには・・・驚嘆してしまいます。(一部の映画ファンには
不満が残るかも・・・) 当然、画面の外側に対してかつて私が心配したような、映らない
群衆からの影響も考慮する必要はないでしょう。従って、自分にとって見えない、 感じない、
聞こえないデータはカットしても致命的にならないのでは!
との考えに変わったのです。

【アナログとデジタル・・・注目の最新技術】スケール感を描き出す!
では、興味深い映像を紹介します。かつてのベン・ハー(1959年公開)と最新のデジタル技術
でリメイクしたベン・ハーのスタッフとキャストの登場する予告編の一部と、ベン・ハー
(2017年公開)
のデジタルでの映像をご覧下さい。(下線の文字をクリックします。)
さあ、いかがでしたか? 最終的にはどちらも迫力いっぱい・・・素晴らしい出来ですね。

さて、新しい映画にも、デジタル映像の背景製作にマットペインターが活躍しています。
この分野では世界的に有名で素晴らしい技術を持たれる上杉裕世氏の作品と絵筆をマウスに
持ち換え、デジタル・マットアーティストとして活躍されていることもお伝えします。
 GIGAZINEのサイト ≪ http://gigazine.net/news/20120823-analog-mind-cedec2012/ 
 上杉裕世氏 Wikipedia ≪ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E8%A3%95%E4%B8%96
上杉裕世氏 001
※左はダイハード2のラストシーン 中央と右はILM 製作のスターウォーズ・エピソードⅢでの背景のマットペイントです。
そして、このような映像製作の手法は、『音』の世界にも当てはまるかも知れないとの思い
からお話しを進めます。

五感・・・・第六感
人間の五感、改めて言うこともないでしょうが、≪視覚・聴覚・触覚・味覚・臭覚≫の五つの
感覚です。でも、何か大きな感覚をもうひとつ!お忘れではありませんか? 第六感です。
このブログは学術的なものではありませんので、聞き流してもいいですよ。(*^-^*)
この第六感については、前述の五感ほど科学的な裏付けが確立されているように思えません
ので、ある意味でうさんくささもあります。直感や勘などは普段から馴染みもありますが、
予知能力、霊感となると、ちょっと別物と感じてしまいます。
今まで蓄積して来た知識や経験を基に、確証もないままそれを正しいと思ってしまう私たち
の偏見・思い込みによる判断! また逆に、ある部分では疑問を持ちながらも、知識や経験
に加えいろいろなデーターなどを総合的に精査した後、あり得る結果を的確に予測すること
など・・・。 これも直感や勘のひとつ、第六感と考えてみましょう。

いい音で音楽を聴くためには、今の機器の2倍、いや10倍の予算をかけないとダメ!・・・
これなどは最悪の例です。アナログ時代には、機器によって音が変わることはよく言われて
おり、実際に経験することもありました。中でもレコードプレーヤーやカートリッジによる
音質の違いやスピーカーによる音の違いは顕著でした。しかし、デジタル音源の音楽再生が
主流の現在、音質に大きな違いが出る機器は、ひと口で言えば『スピーカー』でしょうね。
アンプやCDプレーヤーにも個性はあるようですが、価格に比べて欲張った機能や着飾った
外装の機器は別として、定評のあるメーカーの製品であれば普及機でもかなり優秀だと思っ
ています。メーカー名をいくつか挙げればよいのでしょうが、ここでは控えます。先入観や
偏見はない方がいいかと思いますので・・・。

そうは言っても、せっかくですからスピーカーを通信販売している興味深いメーカーがあり
ますので、ちょっと触れたいと思います。
音工房Zhttp://otokoubouz.com/あまり聞かないメーカーかも知れませんが、スピーカー
及び音楽の再生環境を整えるための周辺部材等を製作しています。
残念ながら、私はリタイアの身であり予算が取れないため、是非聴いてみたい彼の作るスピ
ーカーを未だに生で聴くことが出来ず、悔しい思いをしています。その訳は、代表者である
大山美樹音(ペンネーム)氏の音へのこだわりや製造過程の詳細をネットで公開するなど、
真摯な音づくりの姿勢が伝わってくるからです。 そして、音響に大変詳しいお仲間も多い
ようで、音響専門メーカーの技術者、さらには音楽プロデューサーのお薦めCD紹介など、
ハードからソフトまで幅広い支援を受けてみえることからも氏の人柄が感じられます。 私は
数年前に偶然Webでこの代表者を知り、その後ずっとこの会社の製品やその姿勢を見てきま
した。比較的小型のスピーカーですが、その試聴の様子などを測定器のデータが見える映像
も公開するなど、そのポリシーは一貫しており、大変好感の持てるメーカーです。
音楽鑑賞に初心者もベテランもありませんが、どの段階の方であっても、この小型のスピー
カーを私に代わって聴いてもらえたらうれしいですね。これは私の第六感です。 そして、
ある日、私の部屋から大山氏の音が聞こえることを願っているのですが・・・。

さて、ずいぶん長い前置きになりましたが、以前このブログで、良い音とは心地よいと感
じることができる音
では、とお話ししましたね。
でも、『心地よい音』という感覚は人によって様々で、さらに聴く楽曲必要とする音量
聴く場所などによっても違って来るでしょう。
例えば、小編成のクラシックの弦楽曲では、音に滑らかさや繊細さを求めるでしょう。
同じ小編成のジャズ・・・しかもオンマイクでの録音では、各楽器の音の明瞭さや力強さ、
スピード感を求める人もいるでしょうね。
     (※オンマイクとオフマイクについて、ご存じの方には説明不要ですね。飛ばしてください。
 〔オンマイク・・・楽器等の音源の近くにマイクを設置し、狙った音が録りやすくする。広い会場でのライブで音響機器に
  つなぐマイクの多くはオンマイク。この逆のオフマイクは楽器の音が中心ではあるが、会場等の響きや聴衆の反応も併せて
     録りやすい。勿論、これらの併用も。〕

 
【ダナミックレンジの大きさを演出・・・再生音から感じる迫力・爽快感】
大編成のオーケストラの楽曲では、 また別の要求も加わります。 クラシックでは尚更ですが、
ラヴェルの『ボレロ』のようなダイナミックレンジの大きな曲をしっかり再生できることも
重要です。 Ravel: Bolero Orchestre symphonique de Montréal Charles Dutoit, conductor
       下図はダイナミックレンジの大きな楽曲の実際のアナライザー画像を切り出してみました。
この画像はクラシック楽曲の音量推移です。Net
では、こんな多様な要求を果たして、一組のスピーカーで満足に再生できるのでしょうか。
難しい疑問ですが、これは可能でもあり、可能ではない・・・というお答えをします。音へ
の好みや要求は、前述のように皆さん異なるから・・・・と言ってしまえば、このブログの
オーディオ部門、これで終わちゃいますね。いいえ、まだ重要な続きがあります。
私たちは、スピーカーから出た音をそのまま聞ける訳ではないことを知る必要があります。
オーディオを趣味としている人たちには、スピーカーなどの機器の能力を十分発揮させるた
めに、これで苦労している人も多いはずです。 音楽を聴く環境・・・・『部屋の状態』に
よって大小の差こそあれ、再生音は必ずその影響を受けているということです。

【音楽を聴く環境の影響、時として無視できない!?・・・常に無視できない!】
スピーカーから出た音は波のように拡散していきます。音波というのも納得ですね。指向性
の少ないスピーカーはさらに拡散範囲が広がります。音の高低(周波数)によっても広がり
方は違ってきます。周波数が高い音に比べて周波数が低くなる程、音はよく広がる・・・・
スピーカーボックスの正面ではよく聞こえたのに、後ろ側では高音域が極端に減衰する、
・・・こんな現象はよく経験することですね。それにもうひとつ、音源が遠いほど、音が小
さくなって行きますね。波のように減衰し、いつかはなくなるからです。これはイヤホンや
ヘッドホンを外すと、音がほとんど聞こえなくなることで経験していますね。
それだけならば、スピーカーを聞き手に向ければよい訳ですが、そうはうまく行きません。
その理由は部屋の影響を受けるからです。壁、床、天井・・・さらには窓やカーテン、家具
等々、いろんな物の影響を受けることになります。良い響きは、音に潤いや安らぎ、広がり
などを与えてくれますが、過剰な反響・・・残響、これは音楽の繊細さや音の明瞭さを奪っ
てしまうでしょう。例外として、浴室での響きや電気的に残響を付加するカラオケ・・・・
こちらはちょっと趣きが違いますので、触れないでおきましょう。 
 

ダナミックレンジの大きな音楽などをより良い状態で再生するための環境、そのひとつは、
リスナーにとって『必要な最大音のための遮音性』と『最小音のための静寂性』の確保!
 

今回はここまでとしますが、ダイナミックレンジを確保するための部屋などを含め、今後、
少しずつ触れていく予定です。音づくりのシリーズ、どうぞお訪ね下さい。
なお、一回分としては話が長過ぎたと反省していますが、オーディオマニア向けでないと、
お断りした手前、どうしても説明がくどくなってしまったのでは、とも思っています。

では、次回、『私の目指した音づくり その③』で、目指した音楽の再生!へと続きます。
是非、またお訪ねくださいね。