飛んでる音好き爺・・・オーディオ・映画・音楽・愛犬

音楽を楽しむ・愛犬との暮らし・記録や楽しみとしての写真・映画・DIY・・・いろんなことに興味があり過ぎるリタイアした爺さんの独り言を綴ります。 映画や音楽、そしてかわいい愛犬との楽しい日々・・・では、どうぞお楽しみ下さい。(上部のクリックでブログ全体が見れます。)

タグ:ジョージ・クルーニー

懐かしい映画   懐かしい音楽  のお話しです。
さて、これまでもこのブログでは70mm映画シネラマ方式上映等、 映画づくりやその上映についてのいろんな苦労話をしてきました。しかし、映画のデジタル化が定着した現在、フィルム時代での多くの苦労は解決していると思います。また、映画の製作にかかるコスト削減の面でも、デジタル化は大いに歓迎すべきことと言えるでしょう。 
 

その一方、フィルムで製作されたかつての名作の数々がフィルム映画館の激減で、見る機会が減っていることを嘆く映画ファンも多いのではないでしょうか。 勿論、 昔の作品の一部がデジタルリマスター版(Digital remastering)でDVDやBlu-ray Discで販売されたり、 映画館で上映されています。でも、これらは膨大なフィルム映画のほんの一部に過ぎません。
そして、フィルム映画上映館の減少がこのまま続けば、保存状態が良好でそのまま上映可能なフィルム映画の名作も永遠に埋もれてしまいます。  
  

そんな中、フィルム映画を含めた映画の上映に強いこだわりを持って頑張っている皆さんがおられるのを知り嬉しく思い、 勝手ながら取り上げてみました。 どうぞご了承下さい。  
  
【秋田県大館市『オナリ座』& 宮城県石巻市『岡田劇場/現・オカダプラニング
では、頑張っている皆さんを代表する形で2社の活動を写真でご紹介します。
■ 秋田県大館市のオナリ座と宮城県石巻市の岡田劇場-01
そうは言っても、愛知県に住む私にとって、お気に入りの映画を見るために秋田県や宮城県を訪ねることは簡単ではありません。どうぞ写真でご容赦下さい。  
  

オナリ座 (御成座) 』・・・ 半世紀も続いた映画館が惜しまれつつも2005年に閉館。その後、2014年にまるで映画のような復活劇! このあたりは全国対象の地元応援サイト:ジモコロのライターナカノヒトミさんが御成座の運営会社代表切替桂さんとのお話しを載せてみえますので是非お訪ね下さい。
   『住居だと思ったら映画館だったなぜか経営まで引き継いだ家族  
   
岡田劇場は160年以上の歴史を持つ老舗の劇場でした。それが2011年、東日本大震災の津波で流失という災難が降りかかったのです。それでも被災地の皆さんの心を支える気持ちから、映画をはじめとするいろんなイベントを企画し、全国規模で活動しているのです。 
  

今回のふたつの活動の原動力は、映画を愛する気持ちとこれを理解する地域の皆さんとの心のつながりだと思います。そして、映画という媒体を使った総合芸術のひとつとしての文化の継承と保存に大きな役割を担ってくれているのです。
■02- cinema-paradiso H700
映画好きの方は『ニュー・シネマ・パラダイスCinema Paradiso (Nuovo Cinema Paradiso)ご覧のことでしょうね。日本で1989年に公開されたジュゼッペ・トルナトーレ監督の名作でフィリップ・ノワレ(アルフレード役)、 サルヴァトーレ・カシオ(トト役)、 そしてジャック・ペラン(初老のトト役)・・・印象深く記憶に残っています。映画を愛する人たちの関わり合いを描いた作品ですが、前述の2社は勿論のこと、私の人生にも重なっているような印象を持っています。  アルフレートとトトのやり取り・・・ 正に若い頃の私そのままですから。
そして、 エンニオ・モリコーネの音楽・・・こちらも忘れられません。 さらに、映画へのこだわりと言えば、やはり音響。両劇場とも写真の通り、定番のアルテックの音! 懐かしの映画館オナリ座の復旧に際してAltec A7A5を導入、 更にはドルビーSRD-6ch等、最新の音響再生にも対応したとのこと。これらには映画上映への大変な情熱を感じます。
  
【懐かしい映画『ティファニーで朝食を』ヘップバーンとジョージ・ペパード
『ティファニーで朝食を』やオードリー・ヘップバーンについては、 このブログで少し触れていましたが、今回はジョージ・ペパードにも触れてみたいと思います。
■03-AH ティファニーで朝食を & オードリー・ヘップバーンの猫
これらの写真は『ティファニーで朝食を』中心にネコちゃんに関係するものを選びました。
特に、この映画のラストシーンでは、ずぶ濡れのネコちゃんが大きな役割を果たしたことを皆さん覚えていますよね。(このブログに『ティファニーで朝食を』のそのシーンがあります。)
■04-AH オードリー・ヘップバーン H700
それにしても『壁ドン』元祖がオードリー・ヘップバーンだったとは・・・意外ですね。(⌒-⌒)
上の写真の中に、 動かぬ証拠がありますから・・・・・・ ? 
 

【ジョージ・ペパード George Peppard 】『西部開拓史』などの西部劇でも活躍!
■05- George Peppard in western movies
ジョージ・ペパードは多くの映画に出演していますが、 代表作に『ティファニーで朝食を』と『西部開拓史』をあげることに異論はないかと思います。 しかし、 真面目て紳士的な雰囲気の一方、『特攻野郎Aチーム』の変装が得意なジョン・スミス大佐 (ハンニバル) を思い出した人も多いでしょうね。その面ではコメディもOKといった印象も・・・確かにあります。 (笑)
■06-The A-Team,  Breakfast at Tiffany's, The Blue Max
そして、前述の代表作にもうひとつ加えるとすれば、私には『トブルク戦線』のペパードが印象的でした。舞台は第二次世界大戦でのサハラ砂漠・・・ ドイツ軍のブランデンブルク隊に偽装した連合国側のドイツ系ユダヤ人部隊の困難な任務を描くという大変複雑な展開の映画です。この部隊を率いるのがペパードが扮するバーグマン大尉!  ロック・ハドソンの扮するクレイグ少佐を超える存在感がありました。(これ以上は触れません。映画を見て頂きたいので・・・)
同じ軍人役でも、『ブルー・マックス』のドイツ軍人のスタッヘル中尉とは、一味も二味も違う魅力がトブルク戦線のバーグマン大尉にはありました。勿論、Aチームの彼とは180度異なるということは ・・・ 上と下に掲載した写真で比べて下さい。
下の写真は『トブルク戦線』でのシーンです。(中央の一枚を除く)
■05-Tobruk - Geroge Peppard - 01
さて、今回のジョージ・ペパードはいかがでしたか? 故人とはいえ、映画の中では現役!
これが映画の魅力のひとつだと思います。 ちょっと前の映画から良い作品を見つけたり、もう見たよ、という映画からの再発見!なんて楽しさにも挑戦してみましょう。  
  
では最後に、 前号で触れた『バットマン』役ジョージ・クルーニーの叔母さんで女優・歌手として活躍したローズマリー・クルーニーの歌をお聴き下さい。
なお、70mm映画・シネラマ映画の号でお話しした "VistaVision"と "Technicolor"を使った豪華絢爛なミュージカル映画として『ホワイト・クリスマスを主に組んでみました。
("White Christmas" Rosemary Clooney, Bing Crosby, Danny Kaye and Vera Ellen)
■08- George-Clooney and his-Aunt-Rosemary
ローズマリー・クルーニー  ♬I will follow youTenderly,  ♬Come On-A My House,
Corazon de Melon, ♫Sway, ♬Brahms' Lullaby (Close Your Eyes), (^^♪Brazil

ご来訪頂き、有難うございました。次回も是非ご来訪下さい。

☆;+;。・゚・。;+;☆。;+;--☆--:*:--☆--:☆;+;。☆;+。・゚・。;+;*:--☆--:*:--☆--;+;・。;+;☆;+;。・゚・。;+;*:-☆--:*:--☆--:☆;
  • お願い:ブログに掲載する写真はスターの公式サイトは勿論、新旧を問わず”Pinterest" に参加の皆さんの
    協力を得ました。大変有用な検索サイトです。さらに、自分のPCに保存している多くの写真を使うこと
    になりますが、著作権等のチェックはほとんど不可能となっています。 そのため掲載に支障のある画像
    がある場合には、ブログの管理会社経由のご指摘によって善処する旨の表示をすることにしています。
    商業利用が目的ではないことから、関係者のご理解をお願いしたいと思います。 
    また、映画や楽曲の紹介については、YouTubeなどへリンクを利用しています。感謝しております。 
      
  • I have many images saved on my PC, but it is almost impossible for me to check copyright. 
    If there seems to be trouble in posting, please point out via the administrator. I will promptly do the best.
    Thank you everyone, especially who registered for Pinterest.  I also appreciate IMDb and YouTube.

ご来訪有難うございます。これまで、オーディオ趣味・音楽 映画趣味、そしてワンちゃんがメインのブログですが、ここに来てネコちゃんも・・・という展開になっていますね。(笑)

さて、前号に続いてスターと一緒の巨大ネコちゃん?が登場します。
ジェーン・シーモア ・・・ 実質的な映画デビューは『👆007 死ぬのは奴らだ』"Live And Let Die"(1973年公開)でのボンドガール、 ソリテア役でした。 また、 TVの西部劇シリーズ『マーヴェリック』"Maverickやアクションドラマ『セイント天国野郎"The Saint"で既に人気のあったロジャー・ムーアは、この作品が最初のボンド役(三代目)で、 その後の活躍は皆さんもよくご存知かと思います。(故ロジャー・ムーア氏については別の機会となります。) 
  

【ジェーン・シーモア】Jane Seymour
■01-Jane Seymour 01
ジェーン・シーモアはTVの西部劇シリーズ『ドクタークイン 大西部の女医物語"Dr. Quinn,Medicine Woman" (当初、NHKで放映)で主役の女医ミケーラを演じました。上の写真右端には、 1995年の落馬事故で全身麻痺となった後、 車椅子生活を余儀なくされながらも頑張って来たクリストファー・リーヴに、彼の親友ロビン・ウィリアムズと共に寄り添うシーモアがいます。  彼女はクリストファー・リーヴがスーパーマン (1978年)を演じた2年後のある日どこかで"Somewhere in Time" で、 彼と共演したことから親友になりました。そして、 彼女の息子にクリストファーという名前を付けたとのことです。
しかし、大変残念なことに2004年、 ジェーンとロビンの共通の親友だったクリストファーが亡くなりました。(リーヴは52歳・・・その10年後の2014年に63歳でロビンも亡くなりました。)
■01-Jane Seymour 02
ジェーンの項目をつらい思い出のままでは終わらせることは出来ません。そこで、若き日のジェーン・シーモアの写真を組んでみました。彼女の映画をまだ見ていない方、是非共DVDでご覧下さい。中でもSFファンタジー・・・『ある日どこかで』がお薦めです。 
    (ジョン・バリー作曲『♫ ある日どこかで👆の音楽はこんな場面でも使われています。本当に感動的な曲です。)   
   
【アンタッチャブルの出演者はみんな愛猫家 !?】"The Untouchables" (1987年) 
■02-The Untouchables - Kevin Costner, SeanConnery + cat
アンタッチャブルと言いながら、ロビン・ウィリアムズ? そうですね、 これにはちょっとした訳があるのです。膨大な映画関係の写真の中から皆さんに紹介したい写真を選び、 単に並べるだけでは・・・私の趣味のブログが既存の写真集に遠く及ばないのは当然なことですね。
お気付きかも知れませんが、 写真の組み合わせには共演者だったり親友だったり、 あるいは趣味やペット等で繋がるように進めているのです。こうすることで写真の選択がかなり楽になります。 (笑) 今回のジェーン・シーモアは前号のティッピに続いて巨大ネコちゃんと!
そして、 ロビン・ウィリアムズとアル・カポネ役のロバート・デニーロは『レナードの朝
で共演!また、 手話が分かると言われたゴリラ:ココと彼女のペットになったネコちゃん! そのココをくすぐって大笑いするロビン ・・・ アンタッチャブルの出演者のネコちゃんとのツーショット!という感じです。 写真だけでも楽しんでもらえればと思います。   
  
【シェリー・デュヴァルと共演者たち】Shelly Duvall & ロビン・ウィリアムズ
■03-Shelley Duvall and Robin Williams Popeye 001
シェリー・デュヴァルはスタンリー・キューブリック監督のもと、ジャック・ニコルソンと『シャイニング』"The Shining" (1980年)で共演しています。 この狂気のホラー映画と同年に公開されたロバート・アルトマン監督『ポパイ』"Popeye" でシェリー・デュヴァルはロビン・ウィリアムズ扮するポパイを相手にオリーブ・オイルを明るく楽しく演じました。 
これほど極端に異なる役柄を、時を置かずこなすのは大変だったことでしょうね。
なお、米国テキサス州ヒューストン出身の彼女の広く知られた? かつてのニックネームは "The Texas Twiggy" ツイッギー ・・・ 細身で大きな瞳!納得です。そして、意外なことに、ポール・サイモンやリンゴ・スターが恋人だった時期もあったようです。『のっぽのサリー』ならぬ『のっぽのシェリー』 ・・・ でも、 背の高さなんて関係ないですね。
■04-SD Shelley-Duvall-⑯
ところで、 幼い頃のシェリーは家の周りを走り回ったり、 家具をひっくり返したりと活発な女の子だったようで、母親は彼女に “Manic Mouse” というあだ名をつけていました。ManicMouse・・・元気で動き回る様子から私は『こまねずみ』と訳すことにしました。 (笑)    こまねずみと言われる一方、静かに絵を描くのが大好きで小さな芸術家とも ・・・ かなり上手だったのでしょうね。これらも後に プロデューサー業でも活躍する基礎となったのかも!また、 小学生の頃、 細身の彼女は自分がオリーブ・オイルと呼ばれるのを嫌がっていた記憶から、 迷いながらも『ポパイ』でオリーブ役を引き受けたのは正解でしたね。 結果として『シャイニング』と『ポパイ』で女優としての幅の広さを証明することになりました。
(この十数年姿を見せなかったシェリー・・・ 苦悩の日々を送っているとの情報に触れるのはつらいことです。) 
 

【ジョージ・クルーニー】バットマン ロビン Mr.フリーズの逆襲 George Clooney 
■05-Batman & Robin George Clooney - main
ジョージ・クルーニーの映画はビデオでいくつかを持っていますが、宇宙に大変興味があることからもサンドラ・ブロックと共演した『ゼロ・グラビティ』が私のお気に入りです。
では、 バットマン役については?・・・実は、 音楽趣味の私には彼がローズマリー・クルーニーの甥という知識が先行していたため、 その後の俳優、 映画監督、 脚本家、 映画プロデューサーなどでの活躍をほとんど注目していませんでした。 (今とはかなり違います。 どうぞご承知下さい。 )
そのためジョージ・クルーニーがバットマン ・・・ ということには驚きがあったのです。 
 

これは、 映画版バットマンでのマイケル・キートンがバットマン?!と驚いたこととはちょっとばかり印象が違います。「キートン」の由来は 有名な喜劇役者のバスター・キートンですし、バットマン以前の作品で『暗黒街の人気者/マシンガン・ジョニー』や『ガン・ホー』とか『ビートルジュース』『ドリーム・チーム』の彼を知っており、 コミック漫画の バットマンとは言え、コメディアン一筋の彼のバットマンって一体どうなの?・・・と思っていました。
ところが、彼のバットマン!これが見事にピッタリ!大成功! 不安は吹っ飛びました。
『バットマン』の監督ティム・バートン !『ビートルジュース』Beetlejuice (1988)で一緒に仕事をしたコメディアンのマイケル・キートンを主役に起用しての成功は、大いに意味のあることだと思います。優れた俳優には演じられない役はないのですから。 
■06-Michael Keaton 001
マイケル・キートン (Michael Keaton) のバットマンの前は ・・・ 上の写真の通りでしたよ。
また、 ティム・バートン監督はミュージシャン出身のジョニー・デップを『シザーハンズ』等のSFファンタジーを主とした数多くの彼の作品に起用して大スターに育て上げました。
 (音楽も趣味とする私には、バートン監督の作品に素敵な音楽を提供してきたダニー・エルフマン(映像はMichael Keaton "Batman" ) の存在も忘れることは出来ません。)
そして、ティム・バートン監督の活躍の陰には、前項で触れたシェリー・デュヴァルのプロデューサーとしての先見の明があったことにも注目しましょう。 それは、まだ無名だったバートン監督の短編映画『フランケンウィニー』に彼女が出演していたことから、後に彼女が製作総指揮をとった子供向けファンタジー番組『フェアリーテール・シアター』のひとつ『アラジンと魔法のランプの監督にティム・バートンを抜擢したことでした。 
 

【バットマンを演じた歴代のスターたち】   
■06-Batman Adam West - Christian Bale 01
ジョージ・クルーニーは私にとってあまりに紳士的な印象が強く、 闇の面が想像しにくかったということからの意外性もありました。それにしても、共演者の凄さにも驚きました。
アーノルド・シュワルツェネッガー、 ユマ・サーマン、 クリス・オドネル、 アリシア・シルヴァーストーン、そして、ジョエル・シュマッカー監督と揃っていたのに、 興行的にはいまひとつだったようです。映画製作は本当に難しいですね。
そんな中での『バットマン』の復活! ・・・ 若い方も、 きっとご存知のクリスチャン・ベールのバットマンは、マイケル・キートン版で描かれた暗~い闇の世界で苦悩するヒーローに立ち返ったように思いました。勿論、 私はこういった流れも歓迎です。  
 

さあ、 今回もご来訪下さり有難うございました。 映画関係は情報の幅も広く、 俳優ひとりが演じた1本の映画についてだけでも、 ブログ1回分が必要 ・・・ そこで写真を多用した構成の圧縮したお話しとなっています。どうぞご承知下さい。 
  

☆;+;。・゚・。;+;☆。;+;--☆--:*:--☆--:☆;+;。☆;+。・゚・。;+;*:--☆--:*:--☆--;+;・。;+;☆;+;。・゚・。;+;*:-☆--:*:--☆--:☆;
  • お願い:ブログに掲載する写真はスターの公式サイトは勿論、新旧を問わず”Pinterest" に参加の皆さんの
    協力を得ました。大変有用な検索サイトです。さらに、自分のPCに保存している多くの写真を使うこと
    になりますが、著作権等のチェックはほとんど不可能となっています。 そのため掲載に支障のある画像
    がある場合には、ブログの管理会社経由のご指摘によって善処する旨の表示をすることにしています。
    商業利用が目的ではないことから、関係者のご理解をお願いしたいと思います。 
    また、映画や楽曲の紹介については、YouTubeなどへリンクを利用しています。感謝しております。 
      
  • I have many images saved on my PC, but it is almost impossible for me to check copyright. 
    If there seems to be trouble in posting, please point out via the administrator. I will promptly do the best.
    Thank you everyone, especially who registered for Pinterest.  I also appreciate IMDb and YouTube.

↑このページのトップヘ