飛んでる音好き爺・・・オーディオ・映画・音楽・愛犬

音楽を楽しむ・愛犬との暮らし・記録や楽しみとしての写真・映画・DIY・・・いろんなことに興味があり過ぎるリタイアした爺さんの独り言を綴ります。 映画や音楽、そしてかわいい愛犬との楽しい日々・・・では、どうぞお楽しみ下さい。(上部のクリックでブログ全体が見れます。)

タグ:映画音楽

前号は懐かしい映画やこだわりの映画館についてのお話しでした。しかし、何をもって懐かしさを感じるのか ・・・これはひと様々ですから押し付けられるものではありませんね。
とはいえ、私にとって『懐かしい』という言葉に悪い印象はほとんどありません。おそらく楽観的な性格なんでしょう。それでも懐かしさを「昔はよかった」という対比に使えば、 心は落ち込み、「今日」は勿論、「明日」までも暗く捉えてしまうかも知れません。
そんな時には、自分にとって『懐かしい思い出づくり』のために現在の状況を前向きに捉えたいと思っています。ましてや、将来のある若者には、そんな気持ちを強く持って欲しい願っています。(好奇心・向上心・向学心・・・ 新3K・・・ エッ?今は4K? では+観察力!)

            ☆*゚;・ ☆*-;;・。;☆*゚☆*゚*-;--;;;☆*☆*゚*☆*☆*゚☆*゚;;。;*☆*☆*゚☆*゚---;;;・☆**゚  
   
【懐かしの音楽・・・LPジャケットは豪華だった】  Leah, Lukie, Sarah & borzoi : Leon  
■01 懐かしのLPレコード & Leon, Sarah, Lukie, Leah -1

(寄り道) レオンのおやつは定番のバナナの他にスイカ‼  こんなにきれいに食べました。
また、Leah、 Lukie はハロウィーンの仮装、そして、 LukieとSarahの写真を追加しました。 
 

さて、上の写真 ・・・ 懐かしいレコード盤を納戸の段ボール箱からちょっと出してみました。
こんなLPもあったんだ?なんて・・・ 冷たい言葉が ・・・ その理由は以前のオーディオ編でもお話ししたように「お気に入りはテープに録音して聴く」という習慣があったためです。
その時期のお気に入り楽曲以外はほとんど聞いていないこともあり・・・忘れていました。
LPレコードのジャケットには、 豪華な雰囲気がありますね。横にローラ・フィジーのCD  (ミシェル・ルグランの作品をLaura Fygi が歌ったお気に入り盤)を参考に置いてみました。 
 
【アンダーラインの文字を押して音楽等をお聴き下さい。】 但し、 以前触れたように、 このブログで音楽は掲載出来ません。YouTube等のお世話になりますので、どうぞご承知下さい。  
   

これまでに登場したポール・モーリア、 レイモン・ルフェーブル、 フランク・プールセル、 ベルト・ケンプフェルトは除き ♫トム・ジョーンズ Tom Jonesエルヴィス・プレスリー Elvis Presley、 それに♫ヘンリー・マンシーニHenry Mancini、ビリー・ヴォーン Billy Vaughn、  パーシー・フェイス Percy Faith、  ♫ファウスト・パペッティFausto Papetti、 ニニ・ロッソ Nini Rosso、 サントラ盤からジョン・バリー作曲の♫フォロー・ミー Follow Me、そして、ミュージカル映画 南太平洋 South Pacific、 ジャズから デイブ・ブルーベック Dave Brubeck、 グレン・ミラー  Glenn Miller 等、懐かしいものを並べました。  私はジャンルにはこだわりませんので、いろんな曲調があります。  
ポール・モーリアとフランク・プールセルが抜けると、ちょっと寂しいので、皆さんもよくご存じの曲のひとつ、モーリアプールセルが作曲した ♫ I Will Follow Him" を聴きましょう。  
  

【懐かしの映画音楽・懐かしのポップス・・・EP盤】・・・EP盤・・・ドーナッツ盤とも言いました。
■02 懐かしのEPレコード
せっかくの機会ですから、少しドーナッツを食べましょうか。 では、当時よく食べた、
いや!聴いた映画音楽やオールディーズ・・・ 少しご紹介します。    
さすらいのジャンゴ ♫(続 荒野の用心棒) Django』『怒りの荒野 Day of Anger』『砦の29人 Duel at Diablo』『ベン・ケーシー Ben Casey』『ペリー・メイスン Perry Masonガラスの部屋 Che Vuole Questa Musica Stasera』『マミー・ブルーMamy Blue』『ワシントン広場の夜は更けてWashington Square』『白い十字架Kleiner Prinz』『ジョニー・エンジェル Johnny Angel悲しき片思い You Don't Know』『悲しき天使 Those Were The Days』『悲しき雨音 Rhythm of the Rain』『サマー・ホリデイ Summer Holiday』『自由の讃歌 Let Us Begin Beguine愛はかげろうのように  I've Never Been to Me恋のバカンス Vacance De L'Amour』 『ボーイ・ハント  Where The Boys Are』(♫ 日本語版) 『渚のデイト  Follow The Boys』 (♫ 日本語版)  『天使のささやき When Will I See You Again』『天使のらくがき Aime Ceux Qui T'aimentワン・ボーイ One Boy』『砂に消えた涙 Un Buco Nella Sabbia』(♫ 日本語版)  ・・・懐かしい曲・・・まだまだありますね。
 
オーディオマニアと言われた時期もあった私ですが、こちらのEP盤もあまり擦り切れていません。(笑) 当時、 擦り切れたのは録音テープ! そして、 現在擦り切れているのは私!
(後年、お気に入りの楽曲の多くをダブリ覚悟でCDで揃えました。 ) 
 

なお、この頃のテープ関連のお話しは、 このブログの下記にあります。 是非お訪ね下さい。
 
【ユアン・マクレガー&ナタリー・ポートマン】Ewan McGregor & Natalie Portman
■08-Natalie Portman & Ewan McGregor 01
バイクをこよなく愛するユアン、そしてネコちゃんスタイルのナタリー・ポートマンです。
スター・ウォーズにオビ=ワン・ケノービ役で出演したユアン・マグレガーは誰もが認めるバイク通!バイクで長期間の過酷な旅をすることでも大いに注目を集めました。
なお、 彼の出演作では、 スター・ウォーズ・シリーズの他『ブラス!Brassed Off(1996年)、『ビッグ・フィッシュ』Big Fish (2003年) もよかったと思います。 特に後者はほのぼのとした心温まる映画で、監督は『バットマン』をはじめ『ビートルジュース』『シザーハンズ』マーズ・アタック』『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド等のティム・バートンの作品です。 ファンタジックで温かい雰囲気が伝わってきますね。
 
 
シェール Cher】Believe (The Farewell Tour)、Believe (Offical Music Video)
■09-Cher W907 H700 cher-sexy-2010s-3 + 1
お次はシェールです。 かつての夫婦デュオ『ソニーとシェール』を覚えてみえるでしょうか。
その後は『月の輝く夜に』Moonstruck(1987年)でアカデミー主演女優賞を獲得する等、 ・・・ 彼女は現在でも人気がありますね。 彼女の歌・・・  バン・バン Bang Bang
(上のEP盤群に写真あり)が特に懐かしいです。
Cher の Fernando もどうぞ。そして、もう1曲、 Dov'è L'Amore ・・・いいですね。
写真の通り、彼女も大のバイク好きです。エンジン音や風を直接感じる・・・分かります。
ところで、 シェールという名は本名CherilynからCherとしたとのことです。 簡単過ぎる?
 
さて、 今回の懐かしい映画とその音楽やオールディーズの数々、 いかがでしたか? どこかで
いつか聞いた曲・・・ そんな中からお気に入りの楽曲を見つけて頂ければ、と願っています。
今回もお訪ね頂きまして有難うございました。
  
☆;+;。・゚・。;+;☆。;+;--☆--:*:--☆--:☆;+;。☆;+。・゚・。;+;*:--☆--:*:--☆--;+;・。;+;☆;+;。・゚・。;+;*:-☆--:*:--☆--:☆;
  • お願い:ブログに掲載する写真はスターの公式サイトは勿論、新旧を問わず”Pinterest" に参加の皆さんの
    協力を得ました。大変有用な検索サイトです。さらに、自分のPCに保存している多くの写真を使うこと
    になりますが、著作権等のチェックはほとんど不可能となっています。 そのため掲載に支障のある画像
    がある場合には、ブログの管理会社経由のご指摘によって善処する旨の表示をすることにしています。
    商業利用が目的ではないことから、関係者のご理解をお願いしたいと思います。 
    また、映画や楽曲の紹介については、YouTubeなどへリンクを利用しています。感謝しております。 
      
  • I have many images saved on my PC, but it is almost impossible for me to check copyright. 
    If there seems to be trouble in posting, please point out via the administrator. I will promptly do the best.
    Thank you everyone, especially who registered for Pinterest.  I also appreciate IMDb and YouTube.

ご来訪、有難うございます。 まずはレオンからご挨拶です。『いらっしゃ~い!
7歳・・・何か?Net 組写真
さて、今回は私の愛聴盤(今となればPCでの再生の意味合いですが・・・。)についてのお話しです。   Audio appreciation,  Music Appreciation,   
皆さんは、お気に入りの楽曲のジャンルや好きな曲名を迷うことなく挙げることが出来るでしょうか? 私にはかなり難しいことなんですよ。勿論、お気に入りの楽曲はたくさんありますが、特定のジャンルに集中している訳ではありませんからね。
これについては、以前このブログの『私が影響を受けた音楽と音響の専門家たち』でも触れました。その上、好きな曲目といっても、アレンジや楽団、時には音質によって魅力半減ということも多くあるため、私がお気に入り楽曲を挙げる時には条件が付いてしまいます。○○楽団の◇◇◇という曲が好きです、という感じです。 好みの問題ですからね。そんなことから、『この曲は素晴らしいのであなたも聴くべきです。』 なんて言い方はしません。あくまでも、『私にとってのお気に入り』ということになります。
また、同じ楽団やグループのアルバムの楽曲でも、お気に入りもあれば、特に注目している曲でないものもあります。かつて、アナログ時代、LPを試聴(ここでは、購入して最初に聴くことの意味です。)した印象で、いいねと感じた曲はテープにダビングしていました。これはLPの損耗を防ぐための他、自分のお気に入りアルバムを作る意味もありました。全曲録音すると、オープンリールテープでは、LPの価格以上のテープ代が掛かってしまうこともあるので悩みました。度々聴くことによって、お気に入りになるかも知れない楽曲のお蔵入りというリスクが・・・いや、将来の楽しみに・・・と言い聞かせて。
※愛聴盤は宇宙がテーマ - 408-NET
【ホルストの組曲・惑星 ~ ジョン・ウィリアムズのスター・ウォーズ、そして、冨田勲】
上のアルバムは、ホルストの『組曲・惑星』を中心として、宇宙をテーマにした映画や超常現象のイメージを楽曲にした愛聴盤です。これらは、音楽好きの私にラヴェルの『ボレロ同様、大きな影響を与えてくれた楽曲です。
そして、ョン・ウィリアムズ 彼の作曲したスター・ウォーズスーパーマンは映画音楽というジャンルを超える作品かと思います。
また、クラシック界の大御所、ズービン・メータスター・ウォーズ未知との遭遇』をロスアンジェルス・フィルハーモニーを率いての名演奏! 同じメータ指揮 ロス・フィル組曲惑星』がお気に入りだった私には、大変うれしいことです。これは、ジャンルにこだわらず、良い音楽を求めている私にとっては、正に大歓迎の出来事でした。

もう一人が作曲家でシンセサイザーの第一人者の冨田勲です。残念ながら先頃逝去されましたが、その影響は私にとっても大変大きなものでした。テレビドラマのテーマソング等で皆さんにもお馴染みかと思います。 また、彼のシンセサイザーによる新しい音楽分野での活躍が、私の電子楽器への偏見を払拭し、エレクトーンを始めるきっかけとなりました。 もう、40年も前のことです。
一時期、オルガン奏者のジミー・スミスの影響もあって、ハモンドオルガンにも取り組みましたが、演奏中での瞬時のドローバーの使い方が難しく、10年足らずで音源のプリセットが多いエレクトーンに戻って現在に至ります。 但し、単身赴任にはCasioのキーボードを持って行きました。これがなかなかの優れもので2台ありますが、自宅に戻った今ではサブとなっています。単身赴任の時、休日はファイナル・ファンタジーザナルカンドにてなんかもCasioのキーボードで練習していました。 ・・・その年で? ゲームもしたことがないのに? そうです! ・・・お気に入りとなる曲はアニメ、ゲーム、ジャンルに関係なく、私にとっては本当にいい曲なんです。(#^.^#)  上の曲名をクリックすると聴けますよ。
③映画音楽よく聴いたCDとLP
【映画音楽・・・良い曲は生き残るでしょう。そして、100年愛されたらクラシック!】
むかし、映画音楽としての楽曲の評価がクラシックと比べて一段低く見られていたと感じる時代を経験した私、元より映画が好きで、楽曲のコレクションも多くを映画音楽が占めています。映画音楽というジャンルが仮に一般化された概念だとすると、それぞれの映画に登場する楽曲やテーマソング等のジャンル分けは、意味を持たなくなるようにも思えます。
そういう思いから、映画好きの私はお気に入りの音楽のジャンルにこだわることがないのかも知れませんね。このことは映画音楽にとどまらず、アニメやゲーム音楽にも及びます。
そして、クラシック好きでもある私、そのルーツはおそらく映画館での小学生の頃の経験。当時の映画館では本編上映前には必ず白黒フィルムでのニュースが上映されていました。
テレビが普及するに従い、リアルタイムでない映画館でのニュース上映は消えることになりますが、そのBGMには、何とホルストの『組曲・惑星〔火星〕』の冒頭部分がいつも流れており、ニュースの臨場感を高めていました。 勿論、これは私がよく見ていた映画館でのニュースのお話しですから、全国レベルのことではありませんよ。(その曲が惑星火星と知ったのは、かなり後のことでしたが。)上の曲名をクリックすると『火星』が聴けます。
また、こちらのクリックで冨田勲の『惑星・火星』“Mars”が聴けますので、どうぞ。

ホルストは勿論、ラヴェルドビュッシーシベリウスドヴォルザーク等の比較的新しい作曲家の作品が、皆さんに聴かれ続けられて来たことで、クラシックの楽曲となりました。
ジョン・ウィリアムズビートルズのメンバー等の作品からクラシックの名曲!と言われる楽曲が生まれることでしょうね。きっと!
そして、もう一人、ショスタコーヴィチShostakovich)の舞台管弦楽のための組曲から、
ジャズ組曲『ワルツ第2番をお聴き下さい。 いろんな映画でのシンクロ・・・いいですね。
※Classic CD 02 Net
 ※これらはクラシックのCDケースからランダムに1列取り出してみました。パソコンにリッピングした楽曲はいつでも聴けるのですが、いつでも取り込めるという油断からまだ多くが取り込み出来ていません。 ・・・ラヴェルのボレロ、ホルスト:組曲・惑星(シャルル・デュトワ指揮、N響もいいですよ。)、ドビュッシーのベルガマスク組曲、モーツァルトのディヴェルティメントK136~K138、ショパンのピアノ曲、・・・チャイコフスキー舞踊音楽・・・等々、お気に入りはたくさんあります。

【懐かしい音・・・昔の映画館の音・・・】 (オーディオ趣味に入る遥か以前、小学生の経験)
ところで、皆さんは昔々の映画館の音声を覚えてみえますか? あの鼻に掛かった独特の音、
思い起こせば音の悪さというより、私には何とも言えない懐かしさが蘇って来るのです。
現在の映画館では考えられない音でしたが、必ずしもスピーカーのせいではありません。 音響特性が悪かった映画館の残響が主な原因なのです。 試しに音声に過剰な残響をつけてみて下さい。かなりご年配の方には懐かしい音になりますが、音楽で試すと出来の悪いカラオケボックス状態になりますので、お遊び程度の実験!として下さいね。こんなことを試すのもオーディオの勉強になりますよ。

では、これからしばらくは、映画や音楽のお話しに進みたいと思います。そして、ボルゾイのレオンのことにも、当然触れますので、どうぞよろしくお願いします。
ご来訪有難うございました。
  Key word : ecellent music.   sound of nostalgic movie theater.   acoustics.
                   John Williams.   Star Wars.   Superman.
   Isao Tomita.   Holst - The Planets.
                   Zubin Mehta.   Ravel - Bolero.  

さて、前回は半世紀も前、友人宅のオーディオ機器から流れるステレオ音響に圧倒された
お話しでしたね。思い出のシングル盤 A※これらのジャケットの写真、一部ネットからも頂きました。 自分の所有するEP、LP、オーディオテープのコレクションは、現在、段ボール箱に厳重?にしまい込んであるため写真が撮れません。この点をご理解下さい。また、このブログで使用する写真等の著作権・・・大丈夫とは思いますが、支障があるようでしたら管理者経由でお知らせ下さい。直ちに善処します。
そんな中から当時のお気に入り! ザ・ロネッツの "Be My Baby"をどうぞ。\(^o^)/

その頃、私は学生の身。しかも、自宅から離れての下宿住まいだったため、夏休みや冬休み
に帰省した時には、飢えたように古い機器で音楽を聴いていました。 そして、両親もよく
知っている友人のステレオセットの素晴らしさなどを時々話す私の姿を見て、いつかはステ
レオを買ってやろうと思っていたのでしょう。
小学6年生頃からギター、中学生になるとトランペットを始めており、テープレコーダーで
毎日のように音楽を聴いているのを見ていた両親、しばらく経ってステレオセットを買って
くれることになりました。レシーバー(AM・FMチューナー搭載)、レコードプレーヤー、
スピーカー(20㎝ウーファーの2way)のセットでした。すでに社会人だった友人のセット
には及ばないものの、レコードもFMも大変いい音を聴かせてくれましたが、当初しばらくはFM放送の受信はT字型アンテナ! これも本格的なアンテナに変えると一層クリアな音に変身・・・その後、知識が付くにつれ、機器のセッティング見直し等で徐々に音が良くなっていくのが感じられるようになりました。
間もなく成人・・・いつまで親のすねかじり・・・振り返ると大いに反省していますが、
収入ゼロの大学生、仕方がなかったと自分に言い聞かせています。

ところで、小学4、5年生頃まで私の音楽の成績は最悪。通知表は1か2で、時々教室を抜け出す児童でした。 その理由は、先生の望むような音楽の実技ができなかったからだと思い
ます。『それ違うよ!』『そうじゃないでしょう!』と、いつも先生から叱られていたのを覚えています。そんなことからも頑張る気持ちになれなかったのかも知れませんね。
でも、先生が悪い訳ではありません。他の多くの児童ができているのに、私ができないのは努力や理解が足りないからだと、先生もイライラしていたのでしょう。その頃は、体調を崩していた母親がとうとう2年にもわたって入院し、実質、この前後を含め母親不在の状態で
したから、仕事が忙しかった親父もこれで叱るのをためらったのかも知れません。
思い出のシングル盤 B
 ※これらも前記と同様ですが、画像の位置については特段の意味はありません。(^▽^)/
  クラシックの楽曲が出てきてないね、ですって? まだまだこれからです。Altec A7 クラシックも大丈夫ですからね!

それが、その後の海外ドラマや録音機のおかげで、音楽の楽しさを知ることになり、楽器をいじるようになってからは様変わりしました。小学校低学年で欠けてしまった音楽の基礎、追い付くのはさほど困難ではありませんでした。理由は簡単、苦労をいとわない音楽好きになっていたからです。
そして、小学校の高学年になるとテーマソングの楽譜が欲しくて、放送局に多くの手紙を書きました。するといくつか、ドラマのキー局から楽譜が届いたり、楽譜の準備がない場合、
主人公のブロマイドが送られて来たりもしました。これも音楽好き、映画好きの私にはうれしいプレゼントでした。放送局の担当者って、どんな人かなと想像して感謝したこともあります。 こういったことが、前回の写真にあるようなテレビ番組やそのテーマソングに一層
親しみを持ち、高校時代までこの気持ちが続くきっかけになったのでしょうね。

大学時代には、これが劇場映画に広がり、映画音楽劇場の音響にまで興味を持つように
なりました。でも、まだAltecJBL等の劇場用音響機器を知る由もありません。
社会人の仲間入りを果たし、オーディオ趣味がさらに進んだことで、また、新たな刺激を
受けるようになっていたのです。
大いに影響を受けた雑誌の一部がこれらです。勿論、他にもいろんな本からいろいろな知識
を得ることになります。でも、ここに挙げた雑誌のほとんどは処分・・・させられました。
 😢 断捨離とか。『ラジオ技術』『FM fan』『stereo』・・・基本から工作・・・ソフト情報まで。懐かしいオーディオ雑誌 001
では、次回は私が大きな影響を受けた音響の専門家についてお話しすることにします。
専門誌に登場する人物だけでなく、実際にいろいろとお話しした人たちとのエピソード
もご紹介したいと思います。日本の方も米国の方も。ただし、今、実名での登場が可能
なのか・・・20年も30年も経つのでいい? いや!逆に、考え方など変わってみえる
かも・・・などと、私も揺れています。
でも、次回、是非お訪ねくださいね。
Leon - 612 00001
※サンタさんに扮したボルゾイのレオン君です。(おまけのウサちゃん! さすがにイヤそう!)
 とてもでっかいくせに、とてもかわいい!
 我が家の愛犬、レオンを紹介していきますよ。こちらもご期待ください。

↑このページのトップヘ